ブログ

2009.01.13

新年の御挨拶

色々と忙しくしておりまして 今回が本年最初のプログとなりました。 ブログを通じて歯科治療について、松田歯科クリニックの日々の診療について 本年もなるべく時間を見つけてコメントしていければと思っています。

本日も多忙な一日でありました。殆どノンストップでフル稼働状態でありました。

新規の患者様も継続して増加傾向にあり、土曜日はインプラント希望の新規患者様もいらっしゃったようですから 松田歯科クリニックとしては幸先の良いスタートが切れたのではないでしょうか。

先週の土曜日のことですが、 診療を終えてから ANA最終便にて鹿児島に向かいました。 正月は実家に戻れなかったので この連休を利用して松田家の新年会を妙見温泉にて行うこととなっていたのでありました。

ちょうどこの連休は、指宿で「菜の花マラソン」も行われましたので 機内は空席が見当たりませんでした。今回の「菜の花マラソン」には、過去最多の1万7423人の方が参加したそうです。 これから春にかけて 開聞岳(薩摩富士)周辺は、菜の花と蓮華草が咲き乱れ、それはそれは綺麗であります。 少しばかり暖かくなってきたならば鹿児島への旅行もいいものですよ。 

さて 翌朝 鹿児島市内より北へ車を進めること小一時間、妙見温泉という鹿児島の隠れた名湯に辿り着きました。

かつて 寺田屋事件で負傷した坂本龍馬は、西郷隆盛の招きにより お竜を連れ薩摩へ保養を兼ねて避難したそうです。これが俗に言う「日本最初のハネムーン」であります。 そして西郷の勧めで妙見温泉にて湯治を行ったと云われています。

また 全国の温泉を巡った歌人・斉藤茂吉は「日当山 妙見 安楽 塩浸 湯は湧きいでて くすしき国ぞ」との歌を残しました。 くすしき とは神秘的な という意味です

凍て付く寒さの中 長い距離を歩き     離れの宿は風情がありますね

漸く川沿いの露天風呂に辿り着きます    日本の古き良き時代の景色なり

    坂本龍馬・お龍新婚湯治碑           霧島神宮にて新年祈願

新年会は 非常に楽しく有意義なものとなりました。久しぶりに両親とじっくりと話すことができました。

皆が健康であることの有り難さを再認識すると共に これからも頑張っていかなければ という決意を新たにした次第であります。

本年は、矯正治療において新しい価格体系、治療方法を構築する予定であります。インプラントにおいても更なる進歩をお約束したいと思います。

歯周内科治療も漸く多くの患者様に認知されつつあるようです。通常のブラッシング指導、歯石除去であまり効果が感じられない方は是非とも御検討下さい。

ペリオバスター歯磨き粉の人気も出てきたようです。「宅配して欲しい」との電話も頂きますが、できましたら御来院頂ければと存じます。

それでは 本年も松田歯科クリニックを何卒宜しく願い致します。

一番上に戻る
24時間WEB予約インビザラインサイト
tel:03-3809-4182インビザラインサイト