ブログ

2011.12.12

思ひ出のハチロク

このところ 休日は殆ど 矯正治療の勉強会に費やしていたのですが、 昨日の日曜日は 久しぶりに完全フリーとなりましたので 「第42回東京モーターショー2011 」に行ってきました。 

個人的な興味は、今回のモーターショーが ジャパンプレミアとなります コードネーム991の新型「ポルシェ911」と  トヨタとスバルの共同開発となる 「トヨタ86・ハチロク」(スバルBRZ) でありました。

 Dr松田の観た 東京モーターショー

ポルシェ CM(ドイツ バージョン)

ハチロク プロモーションビデオ

「ハチロク」なる名前の由来は、私が学生時代に登場した 4代目 トヨタ カローラ・レビン、スプリンター・トレノ の型式 AE86(A型エンジン、E車型、86型番)というものにあります。

AE86型 レビン・トレノは、 素晴らしく良く回るエンジン と 意のままにコントロールできるFR車 として瞬く間に大人気車種となりました。 

その後 数々の映画や「頭文字D」などの漫画にも登場した 未だに多くの「ハチロク」愛好家が存在する 伝説の名車であります。

私も学生時代に 何度かトヨタさんで 試乗させて頂き、当時としては素晴らしい そのエンジンレスポンス、サウンドに感動したのを今でも覚えています。

学生時代の私は、「試乗荒らし」として 結構有名でありまして ホンダさんなんかは 特に理解のある会社で 「思う存分乗って 感想を聞かせてくれ」と 当時のプレリュードやCR-Xの単独試乗を何度も許可してくれたものです。

私は つい悪ノリして2時間ほど試乗(ドライブ?)して 担当の顔を引き攣らせたこともありましたが。

その後 AE86型 スプリンター・トレノは、私が勤務医として働き始めて 初めて自分の収入で買った車となりました。

そして 宇都宮での開業時代には、 メイド・イン 栃木(高根沢)のホンダ スーパースポーツと過ごした時期もありました。

今回 トヨタさんとスバルさんが 「ハチロク(BRZ)」を共同企画した理由は、若者の車離れに対する危惧感、 そして エコカーの次のステージとして やはり車の面白さを再認識して貰いたい との思いがあるのでしょう。

トヨタの広告キャンペーンが「FUN TO DRIVE, AGAIN.」となっていたのには 時代背景を考慮すると 正直ミスマッチ感はありましたが、思いは十分に伝わりました。

スバルの水平対向エンジンの流用など 既存のパーツを寄せ集めて極力コストを落とした中で 可能な限り 低価格なスポーツタイプの車の開発を実現できたことは、この厳しい時代の中で 素直に称賛するとともに応援したい と思っています。

つい先日 三菱自動車が、 主力完成車工場の水島製作所(岡山県倉敷市)の4本の生産ラインのうち、1本を11月末に休止したことを明らかにしたばかりですが、 日本の基幹産業である 自動車、エレクトロニクスが円高の影響もあって大苦戦している姿は 正直辛いものがあります。

「ハチロク」の復活が、多少なりとも逆風を跳ね返してくれることを期待しています。

 

一番上に戻る
24時間WEB予約インビザラインサイト
tel:03-3809-4182インビザラインサイト