ブログ

2009.10.12

サステイナブル

「ネタ切れですか?」 最近 ある患者様から言われた一言であります。

何の事かと思ったら どうも私が 最近プログの更新をしていないことを指摘されているようでした。

特にネタ切れということでは無いのですが、なかなか更新する暇がなかったんですよね。  御蔭様で 松田歯科クリニックは、新規の患者様も漸増傾向を続けておりますので 殆どフル稼働状態で働いております。

夜は、事務処理やら学会論文作成などが待っています。 おまけに母親が歯の治療の為に この2週間ほど上京しておりましたし、この前の日曜は 娘の運動会もありました。

落ち着いて ネタ? を考える時間が無かったんですよね。 

本日は 久々にフリーな休日となりましたので 最近思っていることを ちょこっと書くことにしました。

聞くところによりますと 今をときめく草食系男子なるものは 恋愛に奥手というばかりではなく、見栄消費もしない、車も買わない、環境にも配慮するのだとか。

時代は変わったものですね。  私達の若い時は、「どんな車が女性にモテる」とか「何処が今 最もトレンディなデートスポットなのか」とか そんな情報ばかりが交錯していましたから。

資本主義経済とは、誰かが消費して お金を回していかないと成り立たない経済ですよね。

「格好良く見られたい」「女性にモテタイ」・・・・たとえ動機は不純でも そういう見栄や無駄こそが 消費を向上させ、資本主義経済を繁栄させてきたのではないでしょうか。

大量生産、大量消費の資本主義経済が曲がり角にあるのは事実であります。 リーマンショック以降 世界は全く変わってしまいました。

このまま日本は没落の一途となってしまうのでしょうか。 消費萎縮、デフレスパイラル、公共事業凍結、Co2 25%削減宣言・・・ この先に一体どんな未来が待ち受けているのか 非常に不安です。

CO2 25%削減ともなると この世界不況で 最早 設備投資余力のない 日本の基幹産業である自動車産業、エレクトロニクス産業など 主な製造業は 工場の海外移転を本格的に始めることになるかもしれませんね。 そうなると空洞化は更に加速することになりますね。  公共事業凍結、民間の製造業海外移転となりますと 地方の疲弊は限界を超えることになるやもしれません。

そもそも CO2 25%削減 にどれほどの意義があるのか私は懐疑的であります。

CO2は地球の大気の中にとても小さな割合しかありません。  大気中の全ての気体(酸素・窒素・アルゴンなどですが)の中で 二酸化炭素が占める割合は、僅か 0.054%です。

更に言えば、二酸化炭素は比較的マイナーな温室効果ガスです。温室効果ガスと呼ばれる小さな割合の気体のうち、95%は水蒸気です。これが最も重要な温室効果ガスだといわれています。

そして 人間はCO2の主要な放出源ではありません。大気中に放出される二酸化炭素のうち、人間によるものは一桁台の小さな割合です。

毎年 火山は全ての工場・車・飛行機その他の人為的なCO2を合計したより多くのCO2を 放出しています。 動物やバクテリアは毎年150ギガトンのCO2を放出していますが、人間は6.5ギガトンしか放出していません。 枯れた植物は 更に大きなCO2の発生源です。そしてCO2の最大の発生源は海です。

地球は誕生以来、何億年という大きな周期で、温暖な時期と寒冷な時期を繰り返し、その1つの周期の中でも、比較的温暖な時期と寒冷な時期、さらにその中でも、より短い周期での、温暖化と寒冷化を繰り返してきたといいます。 太陽の黒点活動周期との関連が あるのでしょうか。

ちょうど1000年前、グリーンランドは現在よりずっと温暖でした。しかし、ドラマチックに氷が解けるような出来事はありませんでした。

ロシアの森の下には巨大な永久凍土の氷層があります。7~8千年前は現在よりもずっと多く溶けていました。

その昔 元米国副大統領のアル・ゴア氏が制作した「都合のいい大嘘」 あっ、間違えました。 「不都合な真実」という映画がありましたね。 あの映画以来 二酸化炭素悪玉説が定着してしまったようですね。  彼の背後にはどのような巨大組織、利権があるのでしょうかね。 プロパガンダも時に真実となるのでしょうか。

世界中で 温暖化対策の名の下 原子力発電所建設が加速されていますが、 二酸化炭素を排出しないから原子力発電がいい などと信じてはいけませんよ。大量の水蒸気、、熱を排出しますからね。第一やっぱり危険だし。

私は 環境保護に反対しているわけではありません。 資源には限りがあるのだし、限りある資源を有効に使おうとする運動には賛成です。 

 

しかしながら 盲目的な過激ともいえる環境保護推進の為に 我々の今の暮らしが犠牲になるのは本末転倒だと考えております。 私の考えは自己中心的なのでしょうかね。

「サステイナブル」という言葉があります。日本語に訳すと「持続可能な・・」という意味になるのでしょうか。

サスティナブルな環境対策、日本経済、我々の日々の生活が持続可能な環境対策こそが 最も大切なことだと考えています。

変化は大事だと思いますが、我々は 未来の為に自らの生活を犠牲にするべきではないと思いますし、我々の毎日の幸せの延長に 明るい未来が待っていると考えます。

人それぞれ考え方は違うのでしょうが、 日本が元気になって欲しい という思いは誰しも同じだと思います。 歯と関係のない お話で申し訳ありませんでした。

一番上に戻る
24時間WEB予約インビザラインサイト
tel:03-3809-4182インビザラインサイト