ブログ

2010.03.23

インプラント矯正 って何?

この連休は、「インプラント矯正」のレクチャーを受けていました。

東京ドームの近くであったので 家族サービスには最適だったと思います。 

ラクーア」私も行きたかったな・・・・。

「インプラント矯正」は、今後 松田歯科クリニックが 最も力を入れていく分野のひとつです。

「なんで矯正治療にまで インプラントが必要なの ?」と思われるかもしれませんが、それを理解するには、「モーメント」「トルク」「ベクトル」といった物理力学を理解しなければなりません。 

多分 それは とっても難しいことですよね ? 

インプラントは移動しないので 通常の 歯を固定源とする矯正治療のように 作用反作用で生じるアンカレッジロス(固定源の喪失)が起こりません。 

   

  

そこで 「インプラント矯正」のメリットを簡単に言うことにしますね。

 

・今までの矯正治療よりも 短期間で治療ができるようになったこと 

・外科矯正治療の必要性が可也低減できること(矯正治療の応用範囲が劇的に広がりました)

・ヘッドギア などの道具を使わなくても治療が可能になったこと(外見、QOLの改善) 

        

などであります。

勿論 デメリットもあります。 なんといってもインプラントを埋入するわけですから外科治療が必要となります。 

いかにリスクの少ない、小さなインプラント体であったとしても やはり 通常のインプラント埋入に慣れているドクターの方が そこは安全なところかもしれません。

そして インプラントの埋入位置の最適化には、矯正力学に精通する必要がありますので 「インプラント矯正」には、インプラント治療 と 矯正治療 の両方に精通する必要があると思われます。

さて 本日は、「カルシテック・インプラント」を使用したインプラント・オペが お昼j前にあったのですが、久しぶりに 営業の吉村君がサポートに来てくれました。

      

重症の根っこの病気で抜歯しましたが、周りには全く骨がありませんでした

       

        術前 (抜歯後、骨補填材にて骨造成を行ってきました)

      

        右下第二大臼歯部 カルシテックインプラント埋入後

松田歯科クリニックでは、カルシテックインプラントを筆頭に HAコーティングインプラントを患者様にお勧めしております。

世界的に有名なチタン インプラントは色々と存在しますが、経験上 日本人の脆弱な骨質には HAインプラントが最善であると確信しております。

一番上に戻る
24時間WEB予約インビザラインサイト
tel:03-3809-4182インビザラインサイト