CAD/CAM冠

この4月から 小臼歯に対して CAD/CAM冠 (キャドカムカン) が 保険適応となりました。 CAD/CAM冠とは  パソコン上で設計した 患者様の歯型通りに  ハイブリッドレジンブロックから削り出した差し歯のことですが、今流行りの 3Dプリンターのようなものだと思って頂ければ理解しやすいかもしれませんね。

 CADCAM冠 1
メタルフリー (金属を使用しない) は、当院も積極的に推進していることなので CAD/CAM冠は 患者様に積極的にお勧めしております。

当院では CAD/CAM冠の材料として 住友3Mの Lava Ultimate  を採用しておりますが、現在まで 特にトラブルは無いようなので 強度的にも特に問題はなさそうです。

これまでの保険のプラスチックの差し歯は、 割れるトラブルが非常に多くて 現実的にはお勧めし辛かったのですが、 今回の保険改正にて前歯から小臼歯までは 取り敢えず 「保険で白い歯」が 現実的に入れられるようになった と 理解して頂いて結構です。


商品名製造メーカー曲げ強さ(MPa)弾性係数(GPa)ビッカース硬さ
 Paradigm MZ1003M Espe1407
 VITA CAD-TempVita802.8
 Ceramill compAmann Girrbach

191

13.81281.5
 *Lava Ultimate3M Espe23515100
 EnamicVita150-16030250
 *グラディア・ブロックGC208107
 *セラスマートGC24074
 *ブロックHC松風19166
 KZR-CAD HR山本貴金属
235±58±0.290±5
 CAD/CAM冠の種類と強度比較      *愛知学院大学 歯学部 伴 清治先生 資料

 エナメル質  

参考比較

   80~90 

   47~84

   270~366

 エプリコード

 (保険のプラスチックの歯)

参考比較

  93

  6.1

  42




これまで長い間 私がブログをサボっていたにも拘わらず  当院ブログを参考にされて メリーランドブリッジ や セルコンZ冠、 インビザライン などに 多くの希望がありましたことは とても有り難いことであります。

もう一度 頑張って情報発信をしていこうかな と思っている所存であります。 
まずは 今回 歯科界の最も新しい話題である 「CAD/CAM冠」 について 書かさせて頂きました。




さて 先日の日曜 最新のBMW M4 という車の 高速での試乗体験をしてきました。 様々なディーラーから 毎週のようにお誘いがあるのですが、 今回は とても興味がある車だったので 私の方から 試乗希望を1カ月ほど前から入れておりました。

BMWは 「駆け抜ける喜び」のキャッチフレーズの通り 運転して とても楽しい車なのですが、疲れている時、体調の悪い時は あまり乗りたくない車でもあります。 モータースポーツの血統である Mモデルならば尚更であります。
 

本国ドイツでは 昔 「BMWは40代の車、メルセデスは 50代の車」と言われておりましたが、 今更ながらにその言葉の意味が 実感として体に沁みる年に 私もなってしまいました。

 私が BMWに興味を持っている時には 「先生、 体調 良さそうだね」 と思われて結構であります。 

20140706_160634















   BMW  M4       最高出力:431ps(317kW)/5500-7300rpm
                          最大トルク:56.1kgm(550Nm)/1850-5500rpm

20140706_160607_1
  














以前のM3よりは マイルドな乗り味となりましたが、日本の道路環境では その実力の三分の一も発揮できそうにない車でありました。